「デンマークデザインの育ての親」

STORY 1

「デンマークデザインの育ての親」

Jens Harald Quistgaard

イェンス・ハラルド・クィストゴー(1919‐2008)

 

-才能と教育-

クィストゴーは、デンマーク出身の彫刻家・デザイナー。

父の持ち帰った木の小片で自分のおもちゃを作るなど
クィストゴーは、幼い頃から芸術的な才能を発揮しました。
また彫刻家の父から訓練を受け
コペンハーゲンの技術学校で製図や銀細工の教育を受けました。

また、デンマークが誇る銀細工家である George Jensen にも学びました。

 

-偶然という必然-

第二次世界大戦が終わると、彼の活動は再開。
肖像画、レリーフ、ジュエリー、陶器、狩猟用ナイフ、銀や鋼のカトラリーなど。
数々のプロダクトを生み出しました。

そして1953年~54年にかけて
チーク※1のハンドルとステンレス・スチールを組み合わせた
カトラリーセット「フィヨルド」を製作。
この作品は後に彼が飛躍するきっかけとなります。

フィヨルド(Barryさん提供)

1954年
アメリカの実業家 テッド・ニーレンベルグは
ヨーロッパを訪れた際に、コペンハーゲンのミュージアムにあるフィヨルドを見つけます。
彼はクィストゴーを探し出し
この作品を大量生産したいと伝えました。

こうして2人を中心とした「ダンスク・デザイン」という会社がアメリカで設立されました。

※1 チーク
美しい木目と耐久性が特徴の木材。
船舶や家具の材料に使用される。
現在は殆どの地域で伐採が禁止されている。

 

-飛躍-

フィヨルドはニューヨークで紹介され
翌年にはカラフルな調理器具 コーベンスタイルが続きました。

彼は、調理器具の素材としてホーローに着目。
ホーローは、何年もの間
キャンプファイヤーで使われても
中流階級の台所では、低俗的な素材とされていました。
しかし丈夫で、軽く、コストパフォーマンスに優れており
結果的に鍋は鮮やかな色でホーロー光沢され、台所に置かれるようになりました。

彼はアメリカで成功すると
その後もテーブル・キッチンウェアなどを続々と生み出しました。
その生産数は4000点以上と言われています。

「台所と食卓のための実用品は、共に調和して機能するべき」
そんな彼の哲学は
コーベンスタイルの特徴的な蓋が
食卓では鍋敷きに早変わりするといった点に反映されています。

コーベンスタイル(Barryさん提供)

彼は30年間に渡り
ダンスク・デザインのチーフデザイナーを務め
その作品は米国の全ての主要都市で販売されました。
そしてヨーロッパや日本でも成功を収めました。

ダンスクデザインは、現在もレノックス社のブランドとして継続しています。

 

-ハイライト-

彼の大きな功績は、 ダンスクデザインの設立に貢献したこと。

彼は手作業を本意としており
デザインの生産前には、必ず手作業で造形をしていたそうです。
そんな彼は、はじめ会社の設立を拒否したとのことでした。
しかし彼の独創的な作品が適切な質を維持し
マスプロダクト(大量生産)されることについて、ニーレンベルグに説得され協力を決めたとされています。
その結果、アメリカの生産力とマーケティングによって
デンマークデザインは世界に広められました。

 

-追伸-

豊かな才能と教育を受けたクィストゴー。

ダンスク・デザインの「ダンスク」は「デンマーク風」を意味します。
「デンマーク風のデザイン」。
それは、あくまでアメリカが生み出したものという表現にも捉えられます。
しかし、彼が世界に広めたデンマークデザインは、
現代のデンマークデザイナー達の大きな心の支えにもなっているのかなと感じます。

私達が今、こうしてデンマークデザインに触れられるのも、彼のおかげかもしれません。
そんな彼がデザインした器をひとつ紹介します。

レリーフ シリーズ。
レリーフは「葉っぱ」を意味しています。

このデザインは
彼が彫刻家であることを物語っているようです。
その模様は、温かさの中にもどこか力強さを感じます。

製造元が3社に渡り、移り変わっても
変わることなく生産し続けられたレリーフシリーズ。

当店でも、カップ&ソーサー、プレートなどを販売しています。
ぜひ手に取ってみて下さい。